Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る
Pocket

こんな症状でお困りではありませんか?

📱水没してしまいiPhoneが起動しない
📱水没してしまい画面のタッチが効かない
📱バックアップを取る前に水没してしまった

 

以上の症状でお困りの方、お問い合わせください!!
水没修理も即日でご案内できる場合もございます!!

バックアップを取っていればAppleで本体交換修理を受けられるほうが確実に長く使用できますが、突然のトラブル時に限ってデータバックアップがきちんと取れていないということは多いかと思います。
しかし、iPhoneを水没・浸水させてしまうと、きちんと修理や対処をしてもその後の動作は不安定になってしまいます。

水没修理後、他のパーツも突然壊れてしまったり、何かの拍子に壊れやすくなっている可能性がございます。
そのため、当店での水没修理は基本的にデータ取り出しを目的とした修理で、iPhoneを今後も使用していただくための修理でないことをご了承いただいての修理となります。

もし修理をご検討されている方は、Apple・キャリアでの機種変更・保証交換、そしてアイフォンドクターを始めとする非公式業者での修理のメリットデメリットをご理解された上で、今後どのようにするのかをご選択いただければ幸いです。

本体が復旧できても、データを取り出すために交換が必要な部品が多く、お見積もりが高額になってしまう、といった場合、お客様のご都合に合わせて修理項目をご提案いたします!!
データだけどうしても取り出したいという場合、例え画面がつかなくてもPCに認識できる状態まで修理できたら、その時点で修理作業をやめるということも可能です!!

お客様のご都合・ご予算に合わせての修理をご提案しますので、ご要望などありましたら受付の際にお気軽にお声かけください!!
経験豊富なエンジニアがご質問にお答えいたします!!

iPhone水没修理価格

iPhone水没時にやってはいけないこと

1.電源を入れたり、充電したりしない。
iPhoneの内部に水分が残っている状態で、電源を入れてしまうと電子チップや基盤をショートさせてしまう恐れがあります。場合によっては修理及び復旧ができなくなる恐れがあります。
もし電源が入り使えた場合でも、中に水分が基盤を腐食させ急に壊れてしまう可能性がございます。

2.ドライヤーで乾かさない。
ドライヤーで急激に温度をあげてしまうと壊れてしまう可能性が高いです。

3.中の水を出そうとiPhoneを振らない。
振るとiPhone内部に水を行き渡らせる結果となり、状況がもっと悪化してしまうことがあります。
iPhoneの構造上、振っても水は出ません。

4.電子レンジには入れない。
基盤やメモリが焼けてしまい修理及び復旧が出来なくなります。

5.分解しない。
むやみに分解を行ってしまうと、二次障害が発生し修理及び復旧ができなくなる可能性があります。

Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る
Pocket